ベビーサインのメリット・デメリット

ベビーサイン ママと赤ちゃんのストレスフリー育児

プロフィール

ベビーサイン ママと赤ちゃんのストレスフリー育児へようこそ


  • 赤ちゃんの気持ちがわかったらいいのに

  • うちの子、何か伝えようとしている?

  • 話せるようになる前に赤ちゃんとコミュニケーションしたい!

  • ベビーサインってなに?

  • ベビーサインをはじめてみたい

  • ベビーサイン育児に行き詰った

  • ベビーサインをもっと知りたい!

  • オススメのベビーサイン教材は何?

そんなあなたのためのサイトです。



こどもちゃれんじbaby資料請求

ベビーサイン ママと赤ちゃんのストレスフリー育児へようこそ


ベビーサインはアメリカではじまり、近年日本でも広がりを見せている新しい育児法です。

ベビーサインを使うことでママの育児ストレスが減るだけではなく、赤ちゃんも要求が伝わらないというストレスが減り、心が安定し、健やかな成長を促します。


ベビーサインにはアメリカ手話(アメリカンサインランゲージ)、日本手話、オリジナルなど、さまざまなサインの種類があります。

ママと赤ちゃんにあったサインを選んで、赤ちゃんとのコミュニケーションを楽しみましょう。


当サイトではベビーサインの教え方、メリットやデメリット、辞書やおすすめの本・DVDなどを紹介しています。

Sponsored Link

ベビーサインのメリット・デメリット

ベビーサインを教えると、サインばかり使って言葉を覚えるのが遅くなるのでは?

そんなデメリットを心配する声もありますが、その心配は不要です。
逆に言葉を覚えてからの言語能力がサインを使わなかった子よりも高いという実験結果もでています。


ミルクもあげた、オムツもきれい、室温も快適・・・なのにどうして泣きやまないの?
そんなとき、赤ちゃんが自分の気持ちを伝えてくれたら、ママの気持ちも楽になると思いませんか。
(ミルクをもっと飲みたかったんだ!ここが痛かったんだ!)

なんでもない家具をジッと見て、何を考えているんだろう?
赤ちゃんが何を考えているのか知ることで、育児がもっと楽しくなるかもしれません。
(えっ、これが車に見えるの?)

なにより、ベビーサインで赤ちゃんの「痛い」「暑い」「寒い」などが分かれば、病気やケガを未然に防いだり、早く気付くことができます


赤ちゃんにとっても、して欲しいことを周りが理解してくれることでストレスが減って無駄に泣くことが減っていきます。
さらにベビーサインを使うことで、自分の要求を泣くことではなく「伝える」ことで解決すると早くから知り、コミュニケーションの大切さを覚えることもできます。

またサインといっしょに話しかけもすれば声を掛ける機会も増えるので、言葉を覚えるのも早いようです。
サインを覚えて早くからコミュニケーションの楽しさを知ることで、語彙が豊富になったり、対人関係にも好影響が出るとも言われています。


赤ちゃんがサインを覚えてくれない、ママが覚えるのが大変、という話も聞きますが、言葉と同じで覚えるまでに個人差がありますし根気よく続ければ必ず覚えます。
サインを無理に覚えさせようとするのではなく普段の話しかけにサインをプラスするだけなので、ママもひとつひとつ覚えていけばいいし、慣れれば意識しなくても自然にサインが出てくるようになりますよ。

赤ちゃんが覚えてくれない事でママがストレスを感じてしまう場合は、しばらくベビーサインをお休みしましょう。
1日30分ほどTVなどの音のない環境で、赤ちゃんの目を見てゆったりとした気持ちでお話することから始めてみてください。

その後ママの気持ちに余裕ができてからか、赤ちゃんが1歳をすぎた頃に新たにベビーサインを始めてみると良いと思います。

Sponsored Link

検索


先物取引

サブコンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。