ベビーサインの教えどき

ベビーサイン ママと赤ちゃんのストレスフリー育児

プロフィール

ベビーサイン ママと赤ちゃんのストレスフリー育児へようこそ


  • 赤ちゃんの気持ちがわかったらいいのに

  • うちの子、何か伝えようとしている?

  • 話せるようになる前に赤ちゃんとコミュニケーションしたい!

  • ベビーサインってなに?

  • ベビーサインをはじめてみたい

  • ベビーサイン育児に行き詰った

  • ベビーサインをもっと知りたい!

  • オススメのベビーサイン教材は何?

そんなあなたのためのサイトです。



こどもちゃれんじbaby資料請求

ベビーサイン ママと赤ちゃんのストレスフリー育児へようこそ


ベビーサインはアメリカではじまり、近年日本でも広がりを見せている新しい育児法です。

ベビーサインを使うことでママの育児ストレスが減るだけではなく、赤ちゃんも要求が伝わらないというストレスが減り、心が安定し、健やかな成長を促します。


ベビーサインにはアメリカ手話(アメリカンサインランゲージ)、日本手話、オリジナルなど、さまざまなサインの種類があります。

ママと赤ちゃんにあったサインを選んで、赤ちゃんとのコミュニケーションを楽しみましょう。


当サイトではベビーサインの教え方、メリットやデメリット、辞書やおすすめの本・DVDなどを紹介しています。

Sponsored Link

ベビーサインの教えどき

ベビーサインはいつから教え始めれば良いのでしょうか。

赤ちゃんが周りに興味を持ち始める6カ月ごろが目安と言われています。
そのころは赤ちゃんがママの真似を始める時期でもありますね。
早い子では6カ月ごろに教えてすぐにベビーサインを使い始める子もいるようです。

他にも手の動きが器用になってくるお座りが出来るころ、バイバイが出来るようになったら、など教える目安となる時期はいくつかあります。
赤ちゃんの成長の度合いを見て、ママの目を見てコミュニケーションが取れるようになったら少しずつ教え始めてみましょう。

教えるのが早すぎるということはありませんが、教えてすぐに赤ちゃんがサインを使えるようになるとは限りません。
赤ちゃんがサインを覚えてくれないからといって無理強いしたりママがイライラしてしまうようなら、少し大きくなるまで待った方が良いかもしれません。

もちろん話し始める前なら、教えるのが遅すぎるということもありません。
言葉をきちんと話せるようになる3歳頃までなら、ベビーサインは赤ちゃんとのコミュニケーションに役立ちます。
1歳をすぎてからサインを教えられた子は比較的覚えるのも早いようです。

少しずつ言葉が話せるようになったあとも、「マンマ」と「ママ」などあやふやな言葉はありますよね。
そういうときにベビーサインを交えて教えてみると、大人もどっちだろうと混乱せずに済みますし、意外とすんなり言葉を覚えてくれたりします。


ベビーサインを教え始める前の赤ちゃんとママとの関係も大切です。
赤ちゃんに語りかけるときはしっかり目を見て話すことを習慣づければ、ママの声が聞こえると自然とそちらを向くようになります。
ベビーサインを教えるときは目を合わせてサインをしっかり見せてあげることが重要なので、サインを教えるときにも役立ちますし、何より親子の絆が深まりますので、ベビーサインを教えるつもりがなくてもぜひ習慣づけてくださいね。

Sponsored Link

検索


先物取引

サブコンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。