ベビーサインの教え方

ベビーサイン ママと赤ちゃんのストレスフリー育児

プロフィール

ベビーサイン ママと赤ちゃんのストレスフリー育児へようこそ


  • 赤ちゃんの気持ちがわかったらいいのに

  • うちの子、何か伝えようとしている?

  • 話せるようになる前に赤ちゃんとコミュニケーションしたい!

  • ベビーサインってなに?

  • ベビーサインをはじめてみたい

  • ベビーサイン育児に行き詰った

  • ベビーサインをもっと知りたい!

  • オススメのベビーサイン教材は何?

そんなあなたのためのサイトです。



こどもちゃれんじbaby資料請求

ベビーサイン ママと赤ちゃんのストレスフリー育児へようこそ


ベビーサインはアメリカではじまり、近年日本でも広がりを見せている新しい育児法です。

ベビーサインを使うことでママの育児ストレスが減るだけではなく、赤ちゃんも要求が伝わらないというストレスが減り、心が安定し、健やかな成長を促します。


ベビーサインにはアメリカ手話(アメリカンサインランゲージ)、日本手話、オリジナルなど、さまざまなサインの種類があります。

ママと赤ちゃんにあったサインを選んで、赤ちゃんとのコミュニケーションを楽しみましょう。


当サイトではベビーサインの教え方、メリットやデメリット、辞書やおすすめの本・DVDなどを紹介しています。

Sponsored Link

ベビーサインの教え方

ベビーサインはどのように教えたら良いのでしょうか。

難しく考えることはありません。
普段の会話に、サインを交えて見せるだけです。

ドラマなどで手話を使っている人たちは、耳の聞こえない方相手に、手話を使いながら同時に言葉にも出して話していますよね?
そんな感じです。

もちろん、手話のようにすべての言葉にベビーサインを使う必要はありません。
ママもひとつひとつ覚えながら、最初は良く使う言葉だけにサインを取り入れればいいでしょう。

「おっぱい(ミルク)」「もっと」「おしまい」などです。
ほかには、出来るだけ早く覚えてほしい「痛い」「暑い」「寒い」なども初めに教えるといいと思います。

離乳食のときなど、もっと食べたいのかもうおなかいっぱいなのか分かるだけでも、気持ちが楽になりますよ。

ベビーサインを教えるときは赤ちゃんの目をしっかり見て、ママの目またはサインを見てもらいましょう。
最初はなかなか見てくれないかもしれませんが、毎回ベビーサインを使って話しかけていると、だんだん話しかけるとこちらを見るようになります。
サインを目で追うようになったら、意味を理解する日も近いですよ。


教え続けて、赤ちゃんがベビーサインを使ってくれないからと言って無理強いはしないようにしましょう。
成長に個人差もありますし、おしゃべりな子、無口な子がいるように、性格もそれぞれです。
気長に赤ちゃんとのコミュニケーションを楽しみましょうね。

Sponsored Link

検索


先物取引

サブコンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。